【2回目】不動産投資を始めるならワンルーム中古不動産がおすすめな理由

「投資を始めてみたい」

「手軽に毎月収益を手に入れる方法が知りたい」

そんな方には、不動産投資がおすすめです✨

前回の記事に引き続き、この記事では「私が不動産投資にワンルーム中古不動産をおすすめする理由」について解説します!

ワンルーム中古不動産で不動産投資を始めるメリット

ワンルーム中古不動産は、ほかの不動産よりも低いリスクで不動産投資を始められるメリットがあります。

新築物件で不動産投資を行うと、かなり業者側の利益が上乗せされているので不動産を売却した際に損益が出てしまうことがあります😊

一方中古物件の場合だと、業者側の利益はあまり上乗せされていません

そのため不動産を売却した場合にも損益が出ることは少ないのです。

また中古物件で不動産投資を行った場合、賃貸を募集する際に賃料を上げて不動産そのものの価値を向上しやすいメリットもあります✨

不動産投資用の物件選びのポイント

不動産投資用の物件は、東京都内で探すようにしましょう。

東京都内など単身者が多い地域で不動産投資を行う場合には、賃貸物件の需要や入居率が高いです!

立地条件が良い物件ほど入居率が高くなる傾向があるため、まずは東京駅や新宿駅など利用者が多い駅から徒歩30分圏内の23区内で物件を探してみてください。

特に徒歩10分以内に最寄り駅がある物件は、交通の便が良いため空室が埋まりやすくなっています。

大学やオフィスなど、通学・通勤に利用する人が多い場所も狙い目です

不動産投資は老後の収入源になる

ワンルームマンションで不動産投資を行った場合、家賃収入から物件の管理に必要な費用を差し引いた金額が収益となります。

物件を所有し管理するだけでいいため、自分が年齢を重ねて働けなくなった時の収入源を確保しておくことができるんです!

年金を受け取るだけでは、老後の生活を安定させることは難しいですよね💦

また突然物件オーナーの健康状態に異変が起きたとしても、不動産投資ローンの残りの返済額は保険で補ってもらえます。

そのため家族に借金を背負わせることなく、不動産投資で得た資産を残すことができるのです😊

次の記事からは、「不動産投資を行うことで得られるメリット」について解説していきますね。

今回の記事で不動産投資に興味を持った方は、ぜひ次回の記事もお楽しみください!

次の記事はこちら

Follow me!